寝すぎることも偏頭痛の原因になる?

寝すぎることも偏頭痛の原因になる?

偏頭痛はこめかみの部分がズキンズキンと脈を打つように痛むのが特徴です。

ストレスや、緊張状態の解放によって起こりますが、寝すぎることも原因となります。

寝すぎることが原因の偏頭痛の場合、起きてから数分後に起こることが多いです。

また、寝ている最中に頭痛が起こることもあります。

これは、血流が良くなりすぎたために脳の血管が拡張し、脳の神経である三叉神経を刺激してしまうからです。

寝すぎないようにするためにも、いつもと同じ睡眠時間を確保するようにします。

関連記事

  1. ストレス解消

  2. 腰痛にも様々な種類があるのです

  3. カイロプラクティックとは・・・

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。